MindMeister

マインドマイスターの料金プランと購入方法を14枚の画像で解説!

悩んでいる人

  • マインドマイスターが気になっている。使ってみたいので料金プランを分かりやすく教えてほしい。ついでに安くする方法などあったら知りたい。

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容
そもそもマインドマップとは
マインドマイスターとは
マインドマイスターの評判
マインドマイスターの料金プランを解説
マインドマイスターを安く購入する方法
マインドマイスター料金プランのよくある質問
まとめ:使い方などの記事へのリンクがあります
記事の信頼性

ブログ歴1年以上、記事200記事以上執筆。

ブログ収益月間3万円ほど。

現在複数サイト運営中。

企業案件の経験もあり(ヒートマップ関連です)

michi(みち)です。

今回はマインドマイスターの料金プランと購入方法をご紹介いたしますね。

マインドマイスターとはクラウド型のマインドマップツールです。

マインドマイスターの使用例としては下記のようなものがあります。

マインドマイスターの使い方

  • ブログの記事構成、サイト設計
  • 会議のプレゼンテーション資料
  • みんなのアイディアをまとめる
  • あなたの思考の整理

このように客観的に自分の思考をまとめられるしとてもお手軽なので、今までなんで使わなかったのかな?というレベルのツールですね。

ちなみに私はブロガーなので、記事を書くときには必ずマインドマイスターを使い構成をしています。

マインドマイスターはめちゃくちゃおすすめですが、じつは無料では3つしかマインドマップを作成できません。

その代わり有料プランはマップ作製数が無制限になるので、本記事で内容を分かりやすく説明いたしますね。

そもそもマインドマップとは

そもそもマインドマップとは

マインドマップとはあなたの思考の流れをイメージ化したツールのことです。

このように人の脳の構造に似ていると言われ、ビジネスの世界で特に利用されていますね。

お手軽で分かりやすいところが最大のメリットです。

冒頭で説明したようにブログでは記事構成やサイト設計に使えるなど、いろいろなところで活躍しています。

マインドマイスターとは

マインドマイスターとは

その中でマインドマイスターはクラウド型のマインドマップツールと言われています。

ちなみにマインドマップツールを大まかに分けると下記3種です。

マインドマップの種類

  • インストール型
  • クラウド型
  • アプリ型

※複数のタイプが同時に使えるツールもあります。

それぞれにメリットはありますが、マインドマイスターはクラウド型なので「いつでも」「どこにいても」「どのPCでも」使えるのがいいですね。

もちろんスマホアプリにも対応していて、PCでやっていることの続きをそのまま出来たりもします。

クラウド型なのでハードディスク容量を圧迫しないのもグッドですね。

michi

マインドマイスターの評判

マインドマイスターの評判

私以外のマインドマイスターの評判を見ていきましょう。

評判はおおむね上々かと思います。

たしかにXmindなどと比べるとクセは感じますが、ムダな動作を極限まで減らしているので最終的にはマインドマイスターの方が使いやすくなりますね。

また評判にもあるように無料では3マップしか作成できないところがネックなので、有料化して無制限にするとグッと使いやすくなります。

マインドマイスターの料金プラン

マインドマイスターの料金プラン

それではマインドマイスターの料金プランを紹介いたします。

MindMeisterの料金プラン

料金部分だけ抜粋しますね。

プラン 価格(半年契約) 価格(1年契約) マインドマップ数
ベーシック 無料 無料 3
パーソナル 1か月715円 1か月594円 無制限
プロ 1か月1,210円 1か月1,006円 無制限
ビジネス 1か月1,870円 1か月1,551円 無制限

※税込みです。

わたしのおすすめはパーソナルプランですね。

プロ以上は複数人使用、Wordやパワポなどでエクスポートができるなど、完全にビジネス向けのプランです。

パーソナルでもマップ数は無制限なので、マインドマイスターをずっと使っている私の評価としても全く問題ないですよ。

パーソナルプランの機能一覧をご紹介

パーソナルプランでできることををまとめました。

マインドマップとしての機能はバッチリなので、興味が無い方は飛ばしてくださいね。

※次の見出し【料金を安くする方法】へGO!

プレゼンモード

PowerPointみたいに画像をスライドーショー化して、プレゼンテーションのように利用できます。

画像のコマ割り設定を自動でしてくれるのでめちゃくちゃラクです。(手動でも可能)

ノート・URLリンク

ノートはコメント機能みたいなものですね。各トピック(マルのこと)に挿入できます。しかもワンクリックなので簡単です。

URLリンクはマインドマップ同士をリンクできる機能です。関連性があるマップ同士を繋げたいときに使えます。

マップ共有

本ツールはクラウド型なのでソーシャルメディアとの連携がかんたんです。Facebook、Twitter、Pinterestなどを通して共有が可能です。

チャット

同じくクラウド型なのでチャットもサクッとできます。個人ではあまり出番はないかもですが、ビジネスでは活躍の場が多いですね。

マップの印刷

作成したマインドマップの印刷が可能です。

変更履歴と復元

WordPressのリビジョンのように変更履歴の自動保存と復元がいつでも可能です。

特に本ツールは『保存』ボタンがないため、行動はすべて自動で記録されますが、この機能のおかげで安心して作業ができます。

Eメールサポート

困った時にはいつでも対応してくれるEメールサポート付きです。

ファイル&イメージ添付

ドラッグアンドドロップでかんたんにファイルや画像などを添付できます。マウスオーバーでサムネイル画像も出るので分かりやすいです。

ゴミ箱/復元

消去したデータをいつでも戻すことが可能です。

エクスポート機能

パーソナルプランでは

  • PDF
  • Image
  • Xmind
  • MindManager

上記の形式でエクスポート可能です。

インポート機能

  • テキスト
  • Freemind
  • Xmind
  • MindMeister
  • MindManager

上記の形式でインポート可能です。

以上がパーソナルプランの機能です。

マインドマイスターの料金を安くして購入する方法

マインドマイスターの料金を安くして購入する方法

初回のみですがマインドマイスター公式のクーポンがあるので、ありがたく活用しましょう(笑)

ちなみに期間の記載はないですが、いつ終了するかも分からないのでお早めに利用してくださいね。

やり方は下記です。

マインドマイスターを安く購入する方法

  • MindMeisterを無料登録
  • クーポンコードを利用
  • パーソナルプランを購入

画像付きで分かりやすく説明しますね。

MindMeisterを無料登録

まずはMindMeisterを無料登録していきましょう。

step
1
MindMeisterを無料登録

MindMeister公式ページに入ります。

MindMeister公式HP

『登録は簡単!』をクリックしてください。

step
2
アカウント登録

アカウント登録
  • 名前→姓と名のあいだに半角スペースを入れてください。
  • メールアドレス→普段使いのものでオッケーです。
  • パスワード→普段使いのものでオッケーです。
  • プライバシーポリシーのチェックは必須です。
  • 『登録』をクリックしてください。

※こちらの『名前』はマインドマップをインターネットに公開すると全世界に表示されるので、基本は本名を入れない方が良いです。

step
3
アカウントをアクティベート

アカウントをアクティベート

アカウントをアクティベートをクリックしてください。

step
4
MindMeister利用開始

マインドマップの用途

『チームまたはスタートアップ』をクリックしてください。

その後下記のような画面になっていれば成功です。

MindMeister初期画面

クーポンコードを利用

ではパーソナルプランを安くするためにクーポンコードを利用しましょう。

step
1
クーポンコードをコピー

まずはMindMeisterクーポンコートページに入ってください。

クーポンコード

赤枠内のプロモーションコードをコピーしましょう。

※画像内のクーポンコードは変わる可能性もあるので、必ず実際のページで確認してください。

step
2
マインドマップ管理画面に戻る

MindMeisterをクリックして、マインドマップ管理画面に戻ってください。

アップグレード

『プランを比較する』をクリックしてください。

注意

『今アップグレードする』はクリックしないように!パーソナルを飛び越えてプロを契約させようとします。

他プランの存在すら気づかせないので意外とえげつないです。お恥ずかしながら私は見事に引っかかってしまいました(笑)
michi

パーソナルプランを購入

ではパーソナルプランに切り替えていきましょう。

step
1
パーソナルプランを購入

ページが切り替わったら最下部までスクロールさせましょう。

※下記の画面が現れていなかったらマインドマイスター料金プラン別比較表をクリックしてください。

パーソナルプランを購入

パーソナルプランの今すぐ購入をクリックしてください。

step
2
購入手続き

パーソナルプラン購入手続き

契約は6か月、1年で選べます(1年の方が月額は安くなります)

※プロモーションコードの入力忘れないでください。

step
3
請求先を入力

次は請求先の入力です。

請求先入力
  • 日本語でオッケーです。
  • 数字は半角数字。
  • ハイフンの有無はどちらでも可。

※本項目はいつでも変更可能ですが、個人事業主として経費にする、会社で使う場合は会社名、名前などを正確に入力しましょう。(アカウント名とは別なのでマインドマップをネットに公開しても表示されることはありません)

step
4
支払いをする

料金の支払いをしましょう。

料金の支払い

クレジットカードかPayPalが使えます。

必要事項を入力後、注文を完了するをクリックすれば無事購入です!

マインドマイスター料金プランのよくある質問

マインドマイスター料金プランのよくある質問

マインドマイスターの料金プランQ&Aをまとめました。

マインドマイスター料金プランQ&A

  • 契約プランを間違えた!途中で変更できる?
  • 中途解約ってできる?

順に分かりやすく説明します。

契約プランを間違えた!途中で変更できる?

契約プランを間違えてしまった場合は、下記のような形になります。

  1. ムダに高いプランにしてしまった→契約期間が終わるまではそのまま。
  2. もっと上のプランにしたかった→差額を払ってアップグレード可能。

ほとんどの場合は①だと思われます。

michi

ちなみに契約は自動更新システムなので、次回以降も同じプランにならないように手続きだけはしておきましょう。

やり方は下記です。

step
1
ホーム画面

まずはホーム画面にしてください。

MindMeisterホーム画面
  • 右上のアイコンをクリックしてください。
  • その後ドロップダウンされるので、『アカウント』をクリックしてください。

step
2
プランの変更

プランの変更画面です。

プラン変更
  • 『プラン』をクリックしてください。
  • その後赤枠内の『ダウングレード』をクリックしてください。

step
3
プラン変更完了

好きなプランに変更しましょう。

※今回はべーシックにダウングレードする場合の例です。

ダウングレード

ベーシック内の『ダウングレード』をクリックしてください。

これでプラン変更は完了です。

中途解約ってできる?

中途解約自体はできますが、返金されるわけではないのでそのまま使った方が良いです。

ただしサブスクリプションの解除だけはしておきましょう。

やり方は前述したベーシックプランへのダウングレードをすればオッケーです。

まとめ:マインドマイスターの料金プランはこれでバッチリ!早速利用して作業を効率化させよう!

まとめ:マインドマイスターの料金プランはこれでバッチリ!早速利用して作業を効率化させよう!

今回はマインドマイスターの料金プランと購入方法をご紹介しました。

無料では3マップしか使えないので、わたしのおすすめはパーソナルプランです。

本サイトでもこれからマインドマイスターの使い方について深掘りしていきますので、引き続きご覧いただければありがたいです。

下記で2021年11月17日からベータ版から正式稼働になった『新エディタ』と『旧エディタ』のマインドマップの作り方をそれぞれ解説しています。

新エディタでのマインドマップの作り方はコチラ。

旧エディタでのマインドマップの作り方はコチラ。

これからマインドマイスターを使う方は旧エディタは使えないので、新エディタをご覧ください。

また旧エディタを使える方でも、いずれ新エディタのみになるそうなので慣れておきましょう!

michi

スマホでのマインドマップの作り方はコチラ。

現在作成中です。2021年11月中には完成予定です!

マインドマップの装飾ツール部分が複雑なので別記事を用意しています。

新エディタバージョン

旧エディタバージョン

もっとマイページ、管理画面について知りたい方はコチラ。

アカウント設定部分について知りたい方はコチラ。

まずは一番オトクなパーソナルプランでマインドマイスターデビューをしてくださいね!

今回は以上です。

マインドマイスターの料金を安くして購入する方法を見る

-MindMeister