ブログ1記事の文字数は少ない方が良い!2つのポイントと3つの対策

 

本記事にピッタリな方

  • ブログの最適な文字数を知りたい
  • 2,000文字とか4,000文字とか人によって意見が違うのでどうすればいいの?

 

さるくん

何が正しいのか分からなくて不安です。。

 

深く考えなくて大丈夫ですよ。

今回はあなたのためにブログの文字数について解説しますね。

michi

 

本記事の内容

前半

後半

 

まず結論からです。

ブログの文字数は何文字でもオッケー。

 

理想は『少なければ少ない方が良い』ですね。

 

もうちょっと言うポイントは下記2つです。

  • シンプルに
  • ユーザーの悩みを100%解決する

 

なぜなら長ったらしい文章より、一目でシンプルに分かる方がユーザーファーストだから。

 

Google最大の理念は『ユーザーファースト』なのはご存じの通り。

 

例えば同じキーワードで、両方ともユーザーの悩みを100%解決できる内容だとしたら

  • 500文字
  • 3000文字

どう考えても500文字の方が分かりやすいですよね。

 

なのでユーザーのためにシンプルにしつつ、100%悩みを解決する記事を書くのがベストなんです。

 

本記事を見ていただければ、文字数ではないユーザーのための記事を書き方を理解できますよ。

 

それでは見ていきましょう。
michi

 

1記事の文字数<読者の悩みを解決する

1記事の文字数<読者の悩みを解決する

 

『500字の方が3000字より良いですよ』というと

 

さるくん

500字で検索上位になってるのなんて、実際はほとんどないじゃん』

と思われますよね。

 

その通りです。ほとんどありません。

 

なぜなら現実に500文字ではユーザーの悩みを100%解決できないから。

 

ロングテールすぎるキーワードなら500文字でいけるかもですが

例えば

『40代 ダイエット スクワット 時間 いつ』みたいなキーワード

 

今度は検索するユーザーがいないので意味がないですし。

 

読者の悩みを100%解決しようとすると、ざんねんながら文字数が増えてしまうんですよね。

 

でもここでポイントなのが『読者の悩みを解決する』ところ。

 

検索上位を連発する方々は、1記事の文字数を基準に考えていないです(もちろん私も)

 

冒頭でも述べましたが、あくまで読者の悩みを解決するという視点のみ。

 

なので1記事の文字数ではなく、シンプルかつユーザーファーストな内容の記事にする考え方に切り替えましょう。

 

ブログをシンプルでユーザーファーストな記事にするための対策は3つ

ブログをシンプルでユーザーファーストな記事にするための対策は3つ

 

それでは具体的にシンプルかつ、ユーザーファーストな内容にする方法を紹介いたしますね。

 

1.ブログをシンプルにする方法

  • ブログの書き方を学ぶ
  • 記事構成書を作る
2.ユーザーファーストな内容にする方法

  • 顕在ニーズと潜在ニーズを満たす

の合計3つです。

 

順番に解説していきますね。

 

ブログの書き方を学ぶ

基本中の基本です。

 

ブログの正しい書き方を学ぶだけで、読みやすくシンプルな内容になりますよ。

 

ざっというと

  1. 無駄な単語を使わない
  2. PREP法で説明する

上記2つです。

 

『見やすい=ユーザーファースト』なので、まずは書き方の基本を学びましょう。

 

くわしくは誰でもできるWebライティングの書き方16個を書評ブロガーが解説をご覧くださいね。

 

記事構成書を作る

記事構成書はブログの構成を一目で把握するために使います。

 

ちなみにこんな感じです。

記事設計書完成図

 

メリットは下記でして

  • 読者に見やすい構成を作れる
  • 書き出しとまとめの整合性をチェックできる
  • 同じようなことを書かなくて済む
  • 日が空いてもすぐ振り返られる
  • 結果的に執筆時間が短くなる

 

デメリットは慣れるまでめんどくさいくらいです。

 

ハッキリ言って作った方が良いのでブログの記事構成を作るステップは8つ!役立つテンプレート2つ付きをご覧ください。

 

顕在ニーズと潜在ニーズを満たす

ユーザーファーストな内容にする一番の方法として

  1. 顕在ニーズ 目に見えてすぐに欲しい情報
  2. 潜在ニーズ 心の奥底に眠る本当に欲しい情報

を満たすのがおすすめ。

 

例えば『ダイエット 40代』と調べた方の顕在ニーズと潜在ニーズは何でしょうか。

キーワード ダイエット 40代

顕在ニーズ 40代でも痩せる方法を知りたい

潜在ニーズ 健康になりたい

が一般的かなと思われます。

 

ちなみに潜在ニーズの求め方は『なぜ』を使います。

Q.あなたはなぜ痩せたいのですか?

A.健康になりたいからです。

上記は1回で終わってしまいましたが、質問と答えを繰り返すとより具体的になりますよ。

 

このように顕在ニーズと潜在ニーズを具体化するとユーザーファーストな記事を書けます。

 

顕在ニーズと潜在ニーズの注意点

顕在ニーズと潜在ニーズを求める際に注意点が1つあります。

 

それは

人によってニーズが違う(特に潜在ニーズ)

こと。

 

前項で説明した例を挙げますと

潜在ニーズ

  • 健康になりたい
  • やせてモテたい

人によって全然違うことも。

 

モテたい人に『痩せると健康になりますよ!』という記事を書いても全然ピンと来ませんよね。

 

対策はターゲットを明確にすることでして(ペルソナともいいます)

中途半端ではなく、具体的に人物像を掘り下げるとピンポイントな記事を書けますよ。

 

ターゲットについては【読者の心に刺さる】ブログターゲットの決め方2つを徹底解説!をご覧くださいね。

 

ちなみに過去の自分が一番分かりやすいターゲットです。
michi

 

網羅性が高い方が有利?

網羅性が高い方が有利?

 

一般的に網羅性が高い方が有利と言われていますが、何が何でもではありません。

キーワードで分ける必要がありますよ。

 

ちなみにキーワードの種類は大まかに下記3種。

キーワードの種類月間検索数
ビッグキーワードダイエット3000以上
ミドルキーワードダイエット 40代500以上3000未満
ロングテールキーワードダイエット 40代 サプリ100以上500未満

※検索数の定義はありません。目安とお考えください。

 

つまりビッグで記事を書く場合、読者のニーズが不明瞭なので必然的に網羅性が高くなるんです。

(『ダイエット』だけで検索した人は、どんな悩みか具体的に分からない)

 

ココが網羅性が高い方が良いと言われている理由。

 

でもロングテールはピンポイントなニーズなので、網羅性が高くなりすぎると、読者にとっては余計な情報が多いので必要ないですよね。

 

上記のように単純に網羅性を上げれば良いという話ではなく、キーワードで分ける必要がありますよ。

 

キーワードについて詳しく知りたい方はブログキーワードの選び方!4つのコツで最適な記事を書こう!をご覧くださいね。

 

いくら書いても掲載順位が上がらない方へ

いくら書いても掲載順位が上がらない方

 

本記事の言う通りにしても掲載順位が上がらない方へ。

 

その場合ドメインパワーやE-A-Tが絡んでいると思われます。

  • ドメインパワー 記事の総数や質、被リンクなどの数で決まる
  • E(Expertise) 専門性
  • A(Authoritativeness) 権威性
  • T(Trustworthiness) 信頼性

※EATについて知りたい方はGoogleが提唱するEATとブログの関連性とは?【SEO】をご覧ください。

 

つまり書き始めのうちは、何をどう頑張っても順位が上がらない可能性があるということ。

 

なんだよそれ。。と思われるかもしれませんが、私を含め皆が通っている道です。

実際に私が記事ランキング1桁を取ったのは100記事過ぎてから。

 

でも逆に言うと超後発組の私でもコツコツやれば1桁取れるという意味でもあります。

 

仮に1発目の記事が1位になるくらいの群雄割拠だったら、そんな安定しない世界とてもじゃないけど勧められませんね(笑)

毎日気が気じゃないですもん。

 

なので私みたいな凡人でもコツコツやればできたので、今は掲載順位が上がらなくても信じて頑張っていきましょう!

 

まとめ:1記事の文字数より読者の悩みを100%解決しよう

まとめ:1記事の文字数より読者の悩みを100%解決しよう

本記事をまとめます。

ブログ1記事の文字数は重要ではなく

  • シンプルに
  • 読者の悩みを100%解決する

を心がけましょう。

 

具体的な方法は

ブログをシンプルにする方法

  • ブログの書き方を学ぶ
  • 記事設計書を作る
ユーザーファーストな内容にする方法

  • 顕在ニーズと潜在ニーズを満たす

の合計3つです。

 

上記を理解しコツコツブログを書けば、自然と掲載順位は上がってきますよ。

 

本記事をご覧いただいた後は文字数ではなく、『シンプルかつ読者の悩みを100%解決する』意識を持って1記事書いてみましょう。

 

今回は以上です。

-ブログの書き方が分からない

© 2021 michiブログ