ブログを始めたい

グーグルアナリティクスの使い方を5つの分析パターンに分けて解説!

 

※登録がまだの方はグーグルアナリティクスの登録方法を先にご覧ください。

 

本記事にピッタリな方

  • グーグルアナリティクスの使い方を知りたい!

 

こんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • グーグルアナリティクスの使い方

 

筆者紹介

記事の信頼性

私はブログ歴1年でして、アナリティクスを使い月間3万円の収益を上げています。

 

今回はグーグルアナリティクスの使い方について解説いたします。

 

『登録したばかり』『登録したもののゼンゼン使ってないな~』など色んな方がいると思います。

 

そんな方に必要な5つのパターンだけに絞って分かりやすく説明します。

 

アナリティクスはブログ運営で必須のツールなので、この機会にしっかり使えるようになってくださいね。

 

関連記事
グーグルアナリティクスで自分のアクセスをはずす方法をご紹介!

 

グーグルアナリティクスの分析パターン5つ

グーグルアナリティクスの分析ポイント5つ

 

さっそく使い方を説明いたします。

 

  • ユーザー数、セッション数、ページビュー数
  • 記事の直帰率、離脱率
  • 離脱ページのチェック
  • 滞在時間
  • アフィリエイトリンクのクリック数

 

この上記5パターンだけ覚えればオッケーです。

 

すべてリライトに役立つのでしっかりおさえましょう。

 

ユーザー数、セッション数、ページビュー数

ユーザー数、セッション数、ページビュー数は自分のサイトがどれだけ見られているかの指標です。

 

ざっくり言うと下記。

  • 【ユーザー数】→訪問者数
  • 【セッション数】→訪問者数+リピーター数(厳密には違いますが、とりあえずこの理解でOKです)
  • 【ページビュー数】→見られたページ数(1ユーザーでも2ページ見られたら『2』になります)

 

細かい分析は不要ですが、傾向(トレンド)が増加、減少かの目安になり、早めの施策が取れるのでしっかりおさえておいてくださいね。

 

ユーザー数、セッション数、ページビュー数の調べ方

①『ユーザー』→『概要』をクリックする。

ユーザー数等の調べ方

 

上記画面で『ユーザー』『セッション』『ページビュー数』を確認すればOKですよ。

 

離脱ページ

離脱ページが分かると優先的に修正が可能になります。

 

ポイントは下記です。

離脱ページが『集客記事』なら収益記事につながるように

離脱ページが『収益記事』なら成約につながるように

※『集客記事』・・・ユーザーを集める記事

※『収益記事』・・・物やサービスを売る記事

 

上記を目的にリライトすると良いかと。

 

離脱ページをチェックする方法

①『行動』→『概要』をクリックする。

離脱ページをチェック

 

『離脱ページ』を把握して、なぜ離脱されたのかを考えましょう。

 

記事の直帰率、離脱率

記事の直帰率、離脱率は集客や収益につながる指標です。

 

違いはざっくり言うと下記。

直帰率・・・サイト外から来て初めの1ページしか見ないで閉じる

離脱率・・・2ページ以上見て閉じる

 

ちなみに分析では直帰率、離脱率の関係はどうでもいいです。

 

問題はなぜ記事を閉じられたかの方が重要だから。

この『なぜ』を深掘りしていきましょう。

 

『集客記事』の直帰率、離脱率が高いときの対策

①【収益記事】につながる内部リンクを貼る。

→ここで満足して終わってしまっている可能性があるから。

②記事内容のリライトをする

→そもそも記事内容に満足していないから。

 

『収益記事』の直帰率、離脱率が高いときの対策

①売上が【低い】場合

→記事内容や売る商品を見直す。

②売上が【高い】場合(高単価なものはこの傾向が強い)

→集客記事を増やして内部リンクしまくる。

 

上記の対策ができるようになりますよ!

 

記事の直帰率、離脱率の調べ方

①『行動』→『サイトコンテンツ』→『全てのページ』をクリックする。


直帰率、離脱率をチェック

 

上記から『直帰率』『離脱率』を確認して対策をしましょう!

 

滞在時間

そのまんまですが滞在時間はユーザーが見ている時間です。

 

記事によって目的が違うので一概に何分以上が良いというのはありませんが、さすがに30秒を切っていると改善したほうがよいかなと

 

ただ私の体験ですが、どちらかといえば滞在時間の長い記事が収益につながっています。理想としては3分は欲しいですね。

 

滞在時間の調べ方

①『行動』→『サイトコンテンツ』→『全てのページ』をクリックする。

滞在時間の調べ方

 

上記から記事の滞在時間をチェックしましょう!

 

アフィリエイトリンクのクリック数

アフィリエイトリンクのクリック数が分かると、収益増加やリライトに有効です。

 

クリック数が多い

①分析して他の記事でも同じ手法を取る。

②内部リンクを増やす。

 

クリック数が少ない

①分析してリライトする。

 

アフィリエイトリンクは特に収益に直結する部分なので、細かい分析は必須ですよ。

 

アフィリエイトリンクのクリック数の調べ方

やり方についてはGoogleタグマネージャーでアフィリエイト分析!41画像で解説にて画像付きで分かりやすく説明しています。

 

成功するとこんな感じになりますよ。

 

ASPリンクをチェック

 

まとめ:グーグルアナリティクスを使いこなしてPV、収益を爆上げしよう!

まとめ:グーグルアナリティクスを使いこなしてPV、収益を爆上げしよう!

 

本記事をまとめます。

 

今回はグーグルアナリティクスの使い方について、5パターンに分けて解説いたしました。

 

  • ユーザー数、セッション数、ページビュー数
  • 記事の直帰率、離脱率
  • 離脱ページのチェック
  • 滞在時間
  • アフィリエイトリンクのクリック数

 

アナリティクスを使いこなし、あなたのPVや収益改善にぜひ役立ててくださいね!

 

関連情報

アナリティクスと同じくらい重要な分析ツール『グーグルサーチコンソール』もこの機会に導入しましょう。

サーチコンソール初心者向けに設定と使い方を23枚の画像で解説!でサクッと設定できますよ!

 

今回は以上です。