おすすめプラグイン

WordPressのバージョンダウン方法を3つ紹介【かんたん】

 

この記事にピッタリな方

  • WordPressをバージョンダウンってできるの?最新にしたらプラグインが動かなくなっちゃったんだけど…。よく見たら『スタイル』や『タグ』が消えてるし!

 

さるくん

助けてください!

 

了解しました!一瞬で解決できますよ。

michi

 

本記事で解決できるお悩み

  • WordPressのバージョンダウンができる

 

WordPressのバージョンアップって何気なしにやっちゃいますよね。

 

Wordpressの更新通知

こんな感じに出てきたら焦りますし。。

 

私も同じようにやったら、『スタイル』が使えなくなったり、不具合が出て困った経験がありました。

 

本記事を見ていただきバージョンダウンすれば悩みはスッキリ解決します。

 

とってもかんたんなので、ぜひ最後までご覧くださいね。

 

WordPressをバージョンダウンする前に

WordPressをバージョンダウンする前に

 

WordPressをバージョンダウンする前に必ずバックアップを取ってくださいね。

データを入れ替えることになるので、万が一を考えましょう。

 

おすすめはプラグイン『BackWPup』です。

データを一瞬でバックアップできるので、ぜひ下記の記事をご覧ください。

関連記事
WordPressのバックアップはプラグインでサクッと5分で設定
WordPressのバックアップと復元方法を33枚の画像で解説!

 

めんどくさいですがバックアップは絶対やってくださいね。
michi

 

WordPressのバージョンダウンは3パターン

WordPressのバージョンダウンは3パターン

 

それでは早速WordPressをバージョンダウンしていきましょう。

 

今回3パターンご用意しました。

  1. プラグインを使う
  2. プラグインを使わない
  3. プラグイン、FTPソフトを使わない

 

ちなみにおすすめは1のプラグインを使うバージョンダウンです。

 

めちゃくちゃ簡単なので、特にこだわりがなければ1にしましょう。

ちなみにバージョンダウンが終わったらプラグインを無効化すれば良いので、競合とかは考えなくてオッケーですよ。

 

それでは順番に説明していきますね。

 

プラグインを使ったWordPressのバージョンダウン方法

まずはプラグイン『WP Downgrade | Specific Core Version』をダウンロードしましょう。

その後インストール→有効化も忘れないでくださいね。

『WP Downgrade | Specific Core Version』をインストール、有効化

 

それでは進めていきます。

 

①ダッシュボードに戻り『設定』→『WP Downgrade』内の画像赤枠をクリックする。

WP Downgrade設定画面

 

③WordPressをどのバージョンにダウングレードさせるのか確認する。

通常は1つ前(画像で言うと5.6から5.5.3にダウングレード)

Wordpressのバージョン確認

 

ブランチとはバージョンごとの派生でして、ここでは特に気にしなくてオッケーです。
michi

 

④設定画面に戻り、ダウングレードするバージョンを赤枠内に入力し、『変更を保存』をクリックする。

※今回は6→5.5.3

ダウングレードするバージョンを入力

 

⑤下記の画面が出るので『UP-/Downgrade Core』をクリックする。

UP-/Downgrade Coreをクリック

 

⑥バージョンダウンする。

Wordpressをバージョンダウンする

 

以上で完了です。

本プラグインを有効化していると、WordPressのアップグレード情報が出てきません。

不具合が解消されたら無効化を忘れないでくださいね。

michi

 

プラグインを使わないWordPressのバージョンダウン方法

次はプラグインを使わない方法です。

ちなみにプラグインを使ったあとに無効化すれば競合もないので、正直この方法にこだわる必要はありません。

 

先に用意するもの

  • FileZilla(ファイルジラ)
  • FFFTP

などのFTPソフト(本記事はFileZillaで説明します)

※FFFTPMac版はありません。

上記からダウンロード可能です。

 

先にやっておくこと

  • すべてのプラグインを無効化しましょう。

バージョンダウン時の不具合を防ぐためです。

 

それでは進めていきますね。

 

①FTPソフトを立ち上げ、赤枠内をクリックする。

(画像はFileZilla)

FileZilla新規サイトをクリック

 

②下記のFTP情報を入力しWordpressのデータに接続する。

FTP情報を入力

  1. ホスト
  2. ユーザー
  3. パスワード

通常はレンタルサーバー契約時にメールなどで情報が送られてくるはずです。

分からない場合はサーバーの契約会社に問い合わせましょう。

michi

 

③必要なデータ以外削除する※特に重要

必要なデータ以外消去

必要なデータ(絶対に消さないように!)

  1. wp-content(フォルダ)
  2. .htaccess
  3. wp-config.php

 

上記以外はすべて削除する。

 

WordPressの公式サイトから希望のバージョンをダウンロードする。

(通常は1つ前のバージョン)

 

⑤解凍して『wp-content』のみ削除する。

 

WP-contentを上書きしてしまうとサイト関係のデータがすべて初期化されてしまうので、この段階で削除しておきましょう。

『これだけ除外して上書きすればいいんでしょ』はキケンです。

michi

 

⑥FTPソフトを使い、解凍した旧バージョンのWordpressを上書きする。

データ移行

 

以上でプラグインを使わないWordpressのバージョンダウンが完了です。

 

どう考えてもプラグインを使った方がかんたんなので、基本はコチラでやらなくてオッケーですよ。
michi

 

プラグイン、FTPソフトを使わないWordpressのバージョンダウン方法

FTPソフトを使うのがめんどくさい方は、直接サーバーへ上書きしましょう。

 

私がエックスサーバーなのでそちらで説明しますね。

 

①ファイルマネージャにログインする。

ファイルマネージャにログイン

 

ココからはFTPソフトを使ったやり方と一緒ですね。
michi

 

②WordPressのデータ場所を探し、赤枠内を残してすべて消す。

必要なデータを残す

残すデータ

  1. wp-content(フォルダ)
  2. .htaccess
  3. wp-config.php

 

上記3つは消さないように気をつけてください!
michi

 

③旧バージョンのWordpressを解凍して、『Wp-content』を削除する。

wp-content削除

wp-contentはこの時点で消して下さいね。
michi

 

④その後旧バージョンをサーバーデータ内に上書きする。

 

以上です。

こちらもめちゃくちゃ簡単にできますよ。

 

まとめ:バージョンダウンの方法が分かればこわくない!

 

本記事をまとめます。

 

今回はWordpressをバージョンダウンする方法を3パターン紹介しました。

特にこだわりがなければプラグイン『WP Downgrade | Specific Core Version』を使ってください。

 

不具合が解消されたら無効化を忘れないでくださいね。

 

本記事は以上です。