おすすめプラグイン

プラグインで画像最適化!EWWW Image Optimizer

 

本記事にピッタリの方

  • 画像サイズが大きくて表示が遅すぎる
  • 圧縮のやり方が分からない
  • できれば簡単なやつで!

 

さるくん

サイトがめっちゃ重くてユーザーが離脱しまくってます。。

 

対策しましょう!

プラグインですぐ解決ですよ!

michi

 

本記事で解決できること

  • 画像を自動的に最適化できる
  • サイトが軽くなる

 

今回は画像の最適化についてお話いたしますね。

 

おすすめはプラグイン『EWWW Image Optimizer』を使うこと。

 

画像を劣化させずにサイズを最適化できます。

 

設定もほとんどいらないので、1分あれば利用できますよ。

 

画像サイズが最適化されると、サーバー負担の軽減にもつながります。

 

本記事を見ていただいた後は、サイトが軽くなりユーザーが離脱しなくなりますよ!

 

それでは見ていきましょう。
michi

 

『プラグイン』EWWW Image Optimizerを設定

『プラグイン』EWWW Image Optimizerを設定

 

早速プラグイン『EWWW Image Optimizer』を入れていきましょう。

 

まずはインストール→有効化です。

プラグイン『EWWW Image Optimizer』をインストール、有効化

 

設定してほしい項目は2つ。

  • 基本→『メタデータを削除』にチェック
  • 変換→『オリジナルを削除』にチェック

 

基本

メタデータを削除』にチェックを入れる。

『EWWW Image Optimizer』基本設定

※ザックリ言うとデータに付帯している情報を削除するということです。

 

変換

オリジナルを削除』にチェックを入れる。

『EWWW Image Optimizer』変換設定

※チェックを入れないと

サイズ最適化後の画像

元の画像

2つがサーバー内に保存されてしまうので、本プラグインの効果が半減されます。

 

実際にPageSpeed Insights で違いを見たところ、サイドスピードにかなりの違いが出ていました。

 

元画像は定期的にバックアップを取って、PC上にデータを残せば問題ないですよ。

 

以上で設定は完了です。
michi

 

さらに画像を最適化する方法

さらに画像を最適化する方法

 

ここからはさらに画像を最適化する方法です。

 

やり方はブラウザ上で画像を圧縮をするだけです。

おすすめはILOVEIMGですね。

 

ドラッグアンドドロップで出来るのでめちゃくちゃ簡単ですよ。

 

一度ILOVEIMGで圧縮した後で、WordPressにアップロードすれば

  1. ブラウザ上で圧縮
  2. プラグインで圧縮

のダブルになるので、さらに最適化が出来ますよ。

 

私はずっとこのやり方で画像最適化をしています。
michi

 

まとめ

まとめ

 

本記事をまとめます。

画像の最適化はプラグイン『EWWW Image Optimizer』を使ってくださいね。

 

さらに最適化を目指すならブラウザ上で圧縮できる『ILOVEIMG』がおすすめです。

 

ダブルで圧縮できるので、サイトが軽くなってユーザーに離脱されなくなりますよ。

 

本記事を見ていただいた後は早速導入してください。

 

今回は以上です。