オークファンの【稼げる】使い方をヤフオク歴10年が徹底解説!

オークファンの【稼げる】使い方をヤフオク歴10年が徹底解説!

 

さるくん

michiさん

ヤフオクで思ったように売れません。。

 

初めはしょうがないですよ。

michi

 

さるくん

もっと高く売りたいんです!

 

その気持ちはよく分かります。では相場を調べましょう。

michi

 

さるくん

どうやってやればいいんですか?

 

おすすめはオークファンですね。

あなたの今のお悩みがスッキリ解決しますよ。

michi

 

記事の信頼性

オークファンの使い方の筆者紹介

私はヤフオク出品で10年間オークファンを利用しています。

 

本記事の内容

前半

後半

 

結論。

ヤフオクで効率的に稼ぐにはオークファンの【期間おまとめ検索】を使うべきです。

 

なぜならヤフオクでは相場を知ることが重要だからです

相場が分からない

  • 売れるのに時間がかかる
  • 安すぎる値段で出品してしまう
相場が分かる

  • 入札者が欲しい価格帯なのですぐ売れる。
  • 適正値段以上で売れる。

あきらかに相場が分かったほうが良いですよね。

 

ちなみに相場は【オークファンの期間おまとめ検索】を使えばすぐに調べられますよ。

 

体感ですが、慣れれば1つ調べるのに1分くらいでいけます。

 

本記事を読めばオークファンの使い方が分かり、ヤフオクで効率的に稼げるようになりますよ!

 

オークファンとは?

オークファントップページ

 

【オークファン】とはヤフオク、Amazonを始めとする大手オークション、EC(Eコマース)の価格相場を調べられるサイトです。

 

自分で一つ一つ調べる方法もありますが、とても時間がかかってしまいますよね。

 

そんな時に【オークファン】を使えば一気に相場を調べられるので、ヤフオクを利用している方は必須のツールかと。

 

膨大な情報量ですが、ポイントを押さえれば誰でもかんたんに利用できますよ。
michi

 

オークファン会員4つのパターン【おすすめはプレミアム会員】

オークファン会員4つのパターン【おすすめはプレミアム会員】

 

オークファンは段階別に4つの会員に分かれています。(2021年2月現在)※全て税込み

  1. 一般会員(無料)
  2. ライト会員(月額330円)
  3. プレミアム会員(月額998円)
  4. オークファンPro Plus会員(月額11,000円)

この中で断然おすすめするのが3のプレミアム会員

 

なぜなら【期間おまとめ検索】をじゅうぶんに使えるからです。

期間おまとめ検索回数検索期間
一般会員月間3回6か月前まで
ライト会員月間10回10年前まで
プレミアム会員月間1000回10年前まで
Pro Plus会員無制限10年前まで

 

一般とライトも使えますが制限があります。オークファンPro Plusは価格が高く業者向けです。

 

プレミアム会員は月間1000回まで使用可能です。検索も10年前まで調べられますよ。

 

 

オークファンの検索方法【期間おまとめ検索】ステップはたった2つ

 

オークファンの検索方法【期間おまとめ検索】ステップはたった2つ

 

私の感覚ですが、期間おまとめ検索を使うと使わないとではかかる時間が10倍以上違うかと。

 

便利なので相場を調べるときは必ず使ってますよ。

 

その他いろいろな機能もありますが、まず基本の説明をいたします。

 

タイトルの入れ方

オークファン検索ページ

上記の部分に検索タイトルを入れます。

基本は『固有名詞』『型番』で調べてくださいね。

 

なぜなら冷蔵庫、洗濯機などの『普通名詞』を入れると件数が多すぎるから。

 

例 Panasonicの冷蔵庫 NR-178の場合

× 冷蔵庫(ヒット数3098件)

△ Panasonic 冷蔵庫(ヒット数197件)

〇 NR-178(ヒット数5件)

 

3000件から相場を調べるのはとても大変ですよね。

 

少なすぎるのも問題ですが、大体5~10件以内になると良いです。

 

期間おまとめ検索

オークファン期間おまとめ検索

 

3か月から10年までありますが使用するのは1年前まででじゅうぶん

理想は3か月以内です。

 

1件も情報がなければしょうがないですが、3年前以前は古すぎて信頼できません。

 

例えば 

A 2020年3月11日 落札金額5,000円

B 2015年8月12日 落札金額40,000円

どちらを信じますか?

 

私なら断然Aです。Bは発売された当時は高かったかもしれませんが、現在は値が下がってしまっています。

 

そのためなるべく新しい情報を信頼しましょう。

 

画面右にある【検索ソート】は終了日の近い順にしましょう。一番信用性が高いですよ。
michi

 

オークファンの見るべきポイントは2つだけ

オークファンの見るべきポイントは2つだけ

 

オークファンで相場を調べる際は押さえておきたいポイントは2つだけですよ。

 

それは落札日時】入札件数】です。

 

くわしく説明いたしますね。

 

落札日時

前項で説明したように理想は3か月以内、どんなに古くても1年以内のデータを利用してくださいね。

 

オークファン入札数落札日

 

赤マル部分が落札された日付ですが、古すぎると情報の信頼性が下がります。

 

少なくとも1年以内、できれば3か月以内が良いですね。

 

入札件数

オークファンでは入札件数が多いものが信頼性の高いデータですよ。

※黒マル部分が件数です。

 

オークファン入札数落札日

 

注意すべきは上記のように1件落札されているものです。

 

1件というのは【欲しい人が1人だった】という意味です。

 

極端な話ですが、相場より高いものでもすぐに欲しかったら落札してしまいますよね。

 

そのデータは信頼できるでしょうか?

そんなことはないはずです。

 

どうしても1件しかない場合は仕方ないですが、データとしての価値は下がるので注意が必要かと。

 

michi
入札件数が多い商品の落札価格を信頼してくださいね。

 

オークファンの便利機能4選

オークファンの便利機能4選

 

オークファンは他にもいろいろな便利機能がありますので、特に良い物を4つピックアップしました。

  • オークション出品モニター
  • ヤフオク!一括評価ツール
  • 一括再出品ツール
  • オークファン出品テンプレート

どれも便利な機能ですよ。

 

オークション出品モニター

オークション出品モニター

 

【オークション出品モニター】は自分の出品物を一覧で確認できるツールです。

  • アクセス数
  • ウォッチリスト数
  • 値下げ交渉
  • メール
  • 質問回答の有無
  • 違反報告
  • 残り時間

など通常のヤフオク管理画面では確認できない項目もあります。

 

私が気に入っている機能は『質問回答の有無』ですね。

 

新着の情報を消してしまうと、どの出品物の質問か分からなくなってしまうから。

 

1つずつ確認するのはとても面倒なので助かりますね。

 

ヤフオク!一括評価ツール

 

ヤフオク!一括評価ツール

 

【ヤフオク!一括評価ツール】はその名の通り、一括で評価ができるツールです。

 

取扱点数が増えてくると、1つ1つ評価をするのが大変ですよね。

出品終了分

落札分

どちらにも対応しています。

 

michi
評価をしているかどうかも一覧で分かりますよ。

 

一括再出品ツール

一括再出品ツール

 

こちらは【再出品】を一括でできるツールです。

 

評価と同じく再出品も面倒ですよね。

落札者あり

落札者なし

どちらも対応。

 

ちなみに【落札者あり】の再出品は、同じ商品をいくつも持っているときに使用します。在庫の把握は忘れずに。

 

一括再出品ツールを使えばすぐ終わるのでとてもラクですよ!
michi

 

オークファン出品テンプレート

テンプレートで自分の出品説明にオリジナリティを持たせられます。

 

差別化することで注目度が上がるメリットがあるかと。

 

下記のようにデザインは豊富。

デザインテンプレートの選択

デザインテンプレート

プレミアムデザインテンプレート

 

見た目も華やかになるのでおススメですよ!

 

テンプレートの種類によりますが、送料を自動計算して表記してくれるのもグッドです。
michi

 

まとめ:ヤフオクでオークファンは使うべき

ヤフオクでオークファンは使うべき

本記事で紹介したポイントを押さえれば、無駄なくオークファンを有効活用できますよ。

 

最後にもう一度確認しましょう。

1、まずはプレミアム会員に登録する

2、期間おまとめ検索を使う

3、見るべきポイントは2つ

 →落札日時

 →入札件数

最初は情報量の多さに戸惑いますが、慣れてしまえば簡単です。

 

まとめて検索できるのでスピードも違うかと。

 

オークファンを使いこなし相場感を磨けば、間違いなくヤフオクなどで今まで以上に売れます。

 

ぜひ役立ててください。

 

最後まで見ていただきありがとうございました。

 

Category :ヤフオク

-ヤフオク出品

© 2021 michiブログ