ヤフオク出品

ヤフオクでなるべく安く送るために14通りの方法をご紹介!

ヤフオクでなるべく安く送るために14通りの方法をご紹介!

 

さるくん

michiさん

やるべく送料を抑えたいんですが。。

 

まずは送る方法を知ることですね。

michi

 

さるくん

多すぎてよく分からないんです。。

 

たしかに。。

michi

 

さるくん

教えてください!

 

了解です!

なるべく安く送るために徹底的に解説しますね。

michi

 

記事の信頼性

ヤフオクで送るお勧めの方法の筆者紹介

私はリサイクルショップ店長歴、ヤフオク出品歴10年あり、発送方法についてもいろいろ試しました。

 

本記事の内容

前半

ヤフオクで送るおすすめ14の方法【60サイズ未満】

ヤフオクで送るおすすめの運送会社【60サイズ以上】

後半

ヤフオクで送る際の梱包方法

ヤフオクで送る際の注意点

 

今回はヤフオクの発送方法を14つに厳選しました。

 

ヤフオクで安く送るためには、発送できるサービスの内容を知ることが重要です。

 

例えば

  • サイズ
  • 送料
  • 補償内容

など状況に合わせて発送しましょう。

 

ちなみに私がおすすめなのが【ゆうパケット(おてがる版)、ゆうパック(おてがる版)】【ヤフネコ!パック】です。

 

しかし細かく見ていくと、もっと安くもできます。

 

この記事を読めば一番安いサービス、補償、どの運送会社を選べばよいのか、バッチリ分かるようになりますよ!

 

それでは読み進めていきましょう。

 

ヤフオクで送るおすすめ14の方法【60サイズ未満】

ヤフオクの送り方おすすめ14選

 

私がおすすめする安く送る方法を14紹介します。細かくすればもっとありますがこの辺りで十分かと。(2021年2月現在)

  サイズ 重量制限 送料 補償
定形郵便 12×23.5×1㎝まで 25ℊまで 84円 料金割増で可能
定形郵便 12×23.5×1㎝まで 50ℊまで 94円 料金割増で可能
定形外郵便(規格内) 34×25×3㎝まで 50ℊまで 120円 料金割増で可能
定形外郵便(規格内) 34×25×3㎝まで 100ℊまで 140円 料金割増で可能
定形外郵便(規格外) サイズ指定なし 50ℊまで 200円 料金割増で可能
定形外郵便(規格外) サイズ指定なし 100ℊまで 220円 料金割増で可能
ゆうパケット(おてがる版) 60サイズまで注1 1㎏まで 175円注2 なし
ヤフネコ!ネコポス 角形A4(31.2×22.8㎝)以内 1㎏まで 170円注2 3千円
ゆうめーる 34×25×3㎝まで 150ℊまで 180円 料金割増で可能
ゆうめーる 34×25×3㎝まで 250ℊまで 215円 料金割増で可能
スマートレター A5サイズ(25×17×2㎝)以内 1㎏まで 180円 なし
クリックポスト注3 60サイズまで注1 1㎏まで 198円 なし
レターパックライト (専用ケース)34×25×3㎝以内 4㎏まで 370円 なし
ヤフネコ!宅急便コンパクト(薄型) (専用BOX)24.8×34㎝以内 厚さ制限なし注4 なし 380円 3万円
ヤフネコ!宅急便コンパクト (専用BOX)25×20×5㎝以内 なし 380円 3万円
レターパックプラス (専用ケース)34×25㎝以内 厚さ制限なし注5 4㎏まで 520円 なし

注1 縦、横が14㎝×9㎝以上の大きさが必要で、長辺の長さは34㎝、厚さは3㎝までです。

注2 送料出品者負担の場合です。

注3 宛名を自分で印刷する必要があります。

注4 制限はありませんがBOXに入る必要があるので、実際は3~4㎝くらいです。

注5 制限はありませんがケースに入る必要があるので、実際は3~4㎝くらいです。

 

私が良く使っているのが下記4つです。

  • 定形郵便
  • 定形外郵便
  • ゆうパケット(おてがる版)
  • ヤフネコ!宅急便コンパクト

 

小さい物に関しては下記のように使い分けています。

定形郵便

テレホンカードなど 薄くて小さい物

定形外郵便

雑貨など 60サイズくらいで100ℊ以内の軽いもの

ゆうパケット(おてがる版)

ケース入りのDVDなど 60サイズくらいで1㎏以内のまずまず重い物

ヤフネコ!宅急便コンパクト

スマホなど 小さくて高価な物(補償があるため)

※精密機器はメーカー純正の箱に入っていないと断られることがあります。

 

表を参考にして送り方を選んでくださいね。

 

ヤフオクで送る最もおすすめする方法は2つ

ヤフオクの送り方で最も良い2つ

 

最もおすすめするのは日本郵便の『ゆうパケット』『ゆうパック(おてがる版)』とヤマト運輸の『ヤフネコ!パック』ですね。

 

その中でも

  • 安さならゆうパケット(おてがる版)
  • 補償有りの場合はヤフネコ!宅急便コンパクト

 

どちらも安く、ある程度までの大きさを発送できるので便利です。

 

ヤフネコパック、ゆうパック!おてがる版とは?

両方ともヤフオク限定のサービスです。

 

私が考えるメリットは3つあります。

  • 安い
  • 送り状を書く必要がない
  • 匿名配送である

 

特に送り状を書く必要がないのはホントにラクです。

 

落札数が増えてくると結構手間なんですよね・・・。

 

デメリットは集荷してくれないので、営業所やコンビニに持ち込まなければならない点くらいかと。

 

ヤフネコ!パックの料金は?

『ヤフネコ!パック』はヤマト運輸のサービスです。

 

サイズ別に料金が分けられます。(2021年2月現在)

  サイズ 重量制限 送料(出品者負担の場合) 送料(落札者負担の場合) 補償
ヤフネコ!ネコポス 31.2×22.8×2.5㎝まで 1㎏まで 全国一律170円 全国一律210円 3千円
ヤフネコ!宅急便コンパクト(薄型)注1 24.8×34㎝注2 なし 全国一律380円 全国一律444円 3万円
ヤフネコ!宅急便コンパクト注1 25×20×5㎝ なし 全国一律380円 全国一律444円 3万円
ヤフネコ!宅急便 60~160サイズまで 25㎏まで サイズにより700円~1,600円 サイズ、地域により注3 30万円

注1 専用のBOXを買う必要があります(70円)

注2 厚さの制限はありませんがBOXに入る必要があるので、実際は3~4㎝くらいです。

注3 ヤフネコ!宅急便の60サイズは届ける地域により、落札者負担の方が安くなる場合があります。

 

ちなみに送料を出品者(あなた)負担にするとチョット安くなります。

 

ただし私の経験上トータルの利益は減るので、送料はきちんと落札者からいただいたほうが良いですね。

 

お金がすぐほしいとか、物を処分したい時のみ出品者負担にするのがよいかと。

 

ゆうパック!おてがる版の料金は?

『ゆうパック!おてがる版』は日本郵便のヤフオク限定サービスです。

 

サイズ別に料金が分けられます(2021年2月現在)

  サイズ 重量制限 送料(出品者負担の場合) 送料(落札者負担の場合) 補償
ゆうパケット(おてがる版) 60サイズまで注1 1㎏まで 全国一律175円 全国一律210円 なし
ゆうパック(おてがる版) 60~170サイズまで 25㎏まで サイズにより700円~1,800円 サイズ、地域により注2 30万円

注1 縦、横が14㎝×9㎝以上の大きさが必要で、長辺の長さは34㎝までです。

注2 ゆうパック!(おてがる版)の60サイズは届ける地域により、落札者負担の方が安くなる場合があります。

 

料金なら日本郵便の方が安いですが、ヤマトは補償が充実しています。

 

品物に応じて使い分ければよいかと思います。

 

ヤフオクで送るおすすめ運送会社は3社【60サイズ以上】

ヤフオクでおすすめの運送会社【60サイズ以上】

 

基本的にはヤフネコ!かゆうパックおてがる版が良いですが、営業所までもっていくのが面倒という方に、自宅まで集荷に来てもらえる方法を紹介します。

 

有名どころですが以下の3社です。

  • ヤマト運輸
  • 佐川急便
  • ゆうパック(日本郵便)

 

ヤマト運輸

私は3社の中でヤマト運輸を最も利用しています。

 

なぜなら営業所の数が地域に多く、対応も細やかだからです。

 

クロネコメンバーズに登録すればスマホ1つで集荷、発送もできます。もちろん営業所に持ち込んでもOKですよ。

 

私の住まいの地域ですが、担当しているドライバーさんの対応も良いです。

 

運送事故などの問題があった場合でもスムーズやりとりできました。

 

以上のこともあり私はヤマト運輸をもっとも利用しています。

 

佐川急便

佐川急便のメリットは大型の荷物を発送できる点です。

 

ヤマト 200サイズか30㎏以内 

佐川  260サイズか50㎏以内

※ただしドライバーが1人で運べることが条件です。困難な場合はサイズ内であっても断られることがあります。

 

長尺物に関しては600サイズ(30㎏以内)まで発送できるので、大きい物に関しては佐川ですね。

 

佐川急便長尺物の定義

長尺物の定義(佐川急便)より引用

 

佐川急便は営業所が少ない為、利便性に関してはヤマトの方が上かなと思いますが、ドライバーさんの対応は良いです。

 

集荷、発送に関してはスマートクラブに登録すればOK。

営業所に持ち込みも可です。

 

以上の点から見て大きい荷物は佐川にお願いするのが良いかと。

 

日本郵便(ゆうパック)

ゆうパックのメリットは小さくて重い荷物の料金が一番安いところです。

 

他の2社はサイズが小さくても重い場合、重さで料金を換算します。

 

ゆうパックは重さではなく、サイズが優先されます。

ゆうパック

→60サイズで重量20㎏

送料は60サイズで計算

ゆうパック以外

60サイズで重量20㎏

送料は140サイズで計算(重量が多いため)

上記のため小さくて重いものはゆうパックを利用しています。

 

ちなみに電動工具や溶接棒とかおすすめですね。

 

もちろん集荷にも来てくれますし、お近くの郵便局で発送もできるので利便性は良いです。

 

ヤフオク出品で梱包する際の注意点は4つ

ヤフオク出品で梱包する際の注意点は5つ

 

梱包をする際の注意点を4つ説明いたしますね。

  • サイズはきちんと把握しておく
  • 梱包の場所は大事
  • 周り、商品にキズをつけない
  • 中にものを入れない

 

それでは見ていきましょう。

 

サイズはきちんと把握しておく

商品のサイズはきちんと把握しておきましょう。

 

理由は2つです。

  • 梱包が大きすぎて送料が上がってしまう
  • 梱包材が足りなくなって、やり直しかツギハギになってしまう

 

あたりまえでしょって思われるかもしれませんが、意外とできてない方が多いし、慣れてくると面倒なのでやらなくなります。

 

ムダに出費が増えてしまうので、安くするためには商品サイズの把握は重要ですよ。

 

梱包の場所は大事

梱包する場所はなるべく綺麗なところにしましょう。

 

理由は2つ。

  • スペース確保のため
  • 梱包中のごみ混入を防ぐため

 

とくにホコリや細かいゴミは梱包材に付着しやすいです。

 

床に広げてやる方は、掃除してから梱包してくださいね。

 

周り、商品にキズをつけない

夢中になって梱包すると、キズをつけてしまうので注意してくださいね。

 

商品にキズをつけたら一発でアウトですよ。

 

正直対策は気をつける以外にないのでしっかり意識してくださいね。

 

中にものを置き忘れない

こちらも夢中になるとやりがちです。

 

経験から言うとカッター、はさみが多いですね。

 

対策は

  1. 使用する道具の置く場所を決めておく
  2. 最後に確認する

上記2つです。

 

私はこんな事やらないよって思っている方は、特に注意してくださいね。

 

ヤフオクの梱包で必要な物8選

ヤフオクの梱包で必要な物9選

 

私が考える梱包に必要な物です。

 

基本的な物ばかりですが、おさらいがてらに確認していきましょう。

  1. はさみ
  2. カッター
  3. セロテープ
  4. OPPテープ
  5. テープカッター
  6. プチプチ(エアーパッキン)
  7. 封筒
  8. 段ボール

 

気をつけていただきたいポイントをしぼって説明いたしますね。

【はさみ】切れ味が落ちるのでテープを切らないでください。刃が交換できるカッターで切ること。

 

【セロテープ】100均のものでもOKですが、引っ張るとすぐに切れるのでイライラしないように(笑)

 

【OPPテープ】100均で売っているOPPテープ用のテープカッターがあると、めちゃくちゃやりやすいです。

 

【プチプチ】梱包の必需品。ただし値段が張るので無駄遣いはしないように。

 

【段ボール】スーパーで買い物用にもらえます。もらいすぎると注意されます(笑)

 

梱包の例2パターン紹介

梱包の例3パターン紹介

 

頻度が高い2パターンを解説いたしますね。

  • 封筒サイズ
  • 通常サイズ

 

それでは見ていきましょう。

 

パターン①:封筒サイズ

カード類は運送で折れ曲がりやすいです。

 

段ボールか厚紙の切れ端でカードをはさんで対策をしましょう。

 

①用意するもの。

封筒サイズの梱包に用意するもの

  1. 商品
  2. ハサミ
  3. セロテープ
  4. 段ボールの切れ端

 

②段ボールで商品を挟む。

商品を段ボールで挟む

 

③四辺をセロテープで止める。

四辺をセロテープで止める

 

④商品を封筒にしまう。

商品を封筒にしまう

 

⑤完成。

完成図

 

こんな感じですね。

 

パターン②:通常サイズ

段ボールを使うのが基本です。

 

ポイントは『隙間』を作らないこと。

 

①用意するもの。

梱包に必要な物

  1. 商品
  2. ハサミ
  3. セロテープ
  4. OPPテープ(テープカッターがあったほうが便利)
  5. 段ボール
  6. プチプチ

 

②商品をエアーパッキンで梱包する。

商品をエアーパッキンで梱包

 

③プチプチで隙間を埋める。

プチプチで隙間を埋める

 

④OPPテープで閉じる。

商品を梱包

 

⑤『天地無用』と書く。(逆さまにしないで!という意味です)

天地無用と書く

 

上記の感じですね。

 

運送事故のほとんどが『スキマによる内部の破損』です。

しっかり梱包しましょう。

 

ヤフオクで送る際の注意点は2つ

ヤフオクで送る注意点は2つ

 

実際に私が体験した事例を元に注意点を2つ紹介します。

 

特に運送事故についてはより注意が必要です。

 

落札後に運送会社の変更を希望された場合は?

面倒だと感じなければ希望を叶えてもよいかなと。

 

例えばヤマトから佐川に変えてほしいと頼まれた場合は、相応の送料をいただき手続きすればOK。

 

取引ナビに記載されている運送会社はヤマトのままですが、気にする必要はありません。

 

ただし送料の支払いが済んだ後に、運送会社の変更を希望された場合は断ったほうが良いです。

 

送料が変わる可能性があり、高くついてしまう場合がありますよ。

 

補償関係は?

原則として補償を受ける場合は補償有り】のサービスで発送の必要があります。

 

補償有りであっても限度額を超える補償は受けられませんし、どれだけ補償をかけても実費分の補償のみです。

ココに注意

例えば30,000円分の補償をかけて20,000円の実費がかかった場合、残り10,000円もらえるわけではありません。

 

手続きも面倒ですし、時間もかかります。

 

まずは梱包をしっかりやり、運送事故が起きないようにしましょう。

 

運送事故の場合の手続きの流れ

私の経験ですが、運送事故があった場合は下記のような流れになります。

step
1
落札者から連絡が来る

step
2
こちらから運送会社に連絡して品物を引き取りに行ってもらう

step
3
現物が届いたら確認して、補償の交渉をする

大体こんな感じかなと。

 

今までに私が経験した補償内容は下記です。

  • 修理してもらった
  • 破損部分の部品を新品に変えてもらった
  • ヤフオクの取引金額を返金してもらった

 

補償に関しては運送会社に交渉しなければならないので、かなり面倒です(すんなり行かない場合もあります)

 

労力しかかからないので運送事故は起きない方がいいですよね・・。

 

まとめ:おすすめの送り方はヤフネコ!パックかゆうパケット、ゆうパックおてがる版

ヤフオクの送り方はこれで決まり

 

今回の記事をまとめます。

 

安く送るための方法を14通り紹介いたしましたが、特におすすめなのは下記2つです。

  • ヤフネコ!パック
  • ゆうパケット、ゆうパック(おてがる版)

 

料金も安く、ある程度のサイズまで対応しています。

 

1円でも安くという方は記事内のヤフオクで送るおすすめの送料が安い14の方法【60サイズ未満】を見てくださいね。

 

送料を抑えると同様、価格相場を知って売り上げを取ることもヤフオクで儲けるための手段です。

 

ぜひオークファンの【稼げる】使い方をヤフオク歴10年が徹底解説!記事を続けてご覧ください。

関連記事
オークファンの【稼げる】使い方をヤフオク歴10年が徹底解説!

 

今回は以上です。