ブログがつらい方へ

ブログ順位の効率的な上げ方を5桁ブロガーが解説!ボーダーは50位

 

本記事にピッタリな方

  • 副業などでブログの時間を取れない
  • なるべく効率的に検索順位を上げたい

 

michiがじっさいに利用した結果

  • 30位程度の記事が8位にランクインした

※ここ最近です。

具体例

 

さるくん

時間がないので効率的に順位を上げたいです。

 

分かりました。

できるだけになりますが、ブログ順位の効率的な上げ方についてお話いたしますね。

michi

 

本記事の内容

  • ブログ順位の調べ方が分かる
  • ブログ順位の効率的な上げ方が分かる

 

本記事の結論。

 

ラクな方法はないんですが、なるべく効率的には順位を上げられますよ!

 

順位の調べ方

  • グーグルアナリティクス
  • グーグルサーチコンソール
  • RankTracker

順位の上げ方

  • 50位以内に入るまでは記事を書きまくる
  • 50以内に入ったら分析してリライト

 

上記がもっとも効率的です。

 

記事内では具体的なやり方について説明しておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

本記事を見ていただいた後は、無駄なくあなたのブログの順位を上げられるようになりますよ!

 

それでは見ていきましょう。
michi

 

ブログの順位を調べる3つのツール

ブログの順位を調べる3つのツール

 

まずはブログの順位を調べるツールを紹介いたしますね。

 

下記3つを使います。

  • グーグルアナリティクス
  • グーグルサーチコンソール
  • RankTracker

 

順に説明いたしますね。

 

グーグルアナリティクス

グーグルアナリティクスはGoogle社が提供する無料分析ツールです。

 

主な分析ポイントは下記でして

  • ブログのページビュー数
  • ユーザーの行動履歴
  • ブログの滞在時間
  • アフィリエイトリンクのクリック数

などが分かります。

※アフィリエイトリンクのクリック数はGoogleタグマネージャーが別途必要です。

 

特に有効なのがブログの順位が50位以内になった時ですね。

 

なので初めはあまり使わないのですが、めちゃくちゃ細かく分析できるのでブロガーの必需品です。

 

順位を上げるならグーグルアナリティクスは必ず入れましょう。

 

導入方法、使い方は下記をご覧ください。

関連記事
無料分析ツールグーグルアナリティクスの登録方法を画像付きで解説

 

グーグルサーチコンソール

グーグルサーチコンソールも同じくGoogle社が無料で提供している順位分析ツール

 

主な分析ポイントは下記です。

  • キーワードの掲載順位チェック
  • ブログタイトルの平均CTRチェック
  • 被リンクのチェック
  • エラーページのチェック

 

直接的な順位はグーグルサーチコンソールで分かるので、まずはコチラから使うのが一般的。

 

無料で使える分析ツールなので、アナリティクスと同様必ず導入してくださいね。

 

設定方法、使い方は下記をご覧ください。

関連記事
グーグルサーチコンソールの使い方20枚の画像で解説【設定方法も】
サーチコンソール初心者向けに設定と使い方を23枚の画像で解説!

 

RankTracker

RankTrackerはブログ順位の分析ツールです。

 

内容はサーチコンソールのパワーアップ版みたいな感じですね。

 

主なメリットは下記です。

  • 記事全体の順位をイッパツで確認できる
  • 時間短縮につながる
  • あなたが知らなかったキーワードを見つけられる

 

1年利用している私が断言しますが、ハッキリ言ってめちゃくちゃ使えます。

 

サーチコンソールは無料で使える優秀なツールですが、1つ1つ調べる必要があるので時間がめちゃくちゃかかりますよね?

 

RankTrackerなら一目で確認できるので、一瞬で改善すべき記事が分かりますよ。

 

有料ですが月1,400円くらいなのでじゅうぶん元が取れますよ。

ぜひお試しいただければと思います。

 

くわしくは下記をご覧ください。

関連記事
SEO順位チェックツールRankTrackerの料金、設定方法を解説

 

ブログの順位を効率的に上げる2つのポイント

ブログの順位を効率的に上げる2つのポイント

 

次はブログの順位を効率的に上げる方法を紹介いたしますね。

 

ポイントは下記2つです。

  • 50位以内に入るまでは記事を書きまくる
  • 50以内に入ったら分析してリライト

 

順に説明いたします。

 

50位以内に入るまでは記事を書きまくる

まずは記事を書きまくりましょう。

 

ただしやみくもに書いたら、100記事達成しても50位以内に入りません。

 

下記4つを必ず意識してくださいね。

  • ユーザーファースト
  • キーワード
  • ブログの書き方
  • 基本的なSEO対策

 

くわしく見ていきましょう。

 

ユーザーファースト

ユーザーファーストはもっとも重要なポイントです。

 

なぜなら検索エンジンシェア圧倒的No.1 のGoogle社が掲げている理念だから。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

 

Google が掲げる 10 の事実から引用

ユーザーファーストは先頭に記載されています。

 

つまりユーザーファーストな記事を書くことで、検索順位を上げられるようになります。

 

もうちょっとかみ砕くと

  • 読者の悩みを解決する記事を書く

ということ。

 

なのでユーザーファーストを必ず意識して記事を書いてくださいね。

 

『Googleが掲げる10の事実』は他にもめちゃくちゃ大事なことが書かれているの、1度は必ず目を通しましょう。
michi

 

キーワード

キーワードの理解はユーザーファーストをかなえる上で絶対条件です。

 

なぜならキーワード=読者の悩みだから。

 

ブログを端的に言うと

  1. キーワードを理解する
  2. 悩みを解決する記事を書く

コレだけです。

 

逆にキーワードを理解できていないと、いつまで経っても読者の悩みを解決しないズレたブログを書き続けることになります。

 

なのでキーワードの理解はブログの絶対条件ですよ。

 

キーワードについては下記でくわしく説明しています。

関連記事
ブログキーワードの選び方ポイントは5つ!クリック率上昇で収益化!
ブログで書くべきキーワードの決め方!4つのコツで誰でもできます

 

ブログの書き方

キーワードを理解したらブログの書き方も学びましょう。

 

具体的にはWebライティングです。

 

ブログには小説のような文章力は不要です。

  • 分かりやすい
  • 読者が納得できる
  • ロジカルである

 

このような文章が求められます。

 

下記でWebライティングが学べますので、よろしかったらご覧ください。

関連記事
誰でもできるWebライティングの書き方16個を書評ブロガーが解説

 

基本的なSEO対策

同時に基本的なSEO対策もしておきましょう。

 

とはいえSEO対策に時間をかけすぎても意味はないので下記で充分です。

  1. 2クリック以内に全ページにアクセスできる
  2. サイトマップを送信する
  3. パンくずリストを設置する
  4. ページネーションは数字で表示する
  5. ナビゲーションメニューはテキストで設定する
  6. サイトスピードを上げる
  7. URLの正規化
  8. robots,txtを使う
  9. noindexタグを使う

 

難しそうに見えますが、WordPressでブログを書いてるならすぐできるので安心してくださいね。

 

方法は15のSEO内部対策を初心者に分かりやすく紹介!【ワードプレス】で解説しています。

 

50以内に入ったら分析してリライト

ラストは記事が50位以内に入った時の対策ですね。

ここからはリライト(記事の改善)がメイン。

 

具体的な方法は競合と比較してのリライトです。

 

例えば『40代 ダイエット』でランクインしたら、トップ5を見てあなたの記事との違いを分析しましょう。

  • ブログの構成
  • 書き出し文の書き方
  • 情報の多さ
  • 分かりやすいか
  • 具体例があるか
  • 独自性があるか

など。

 

ちなみに初めのうちは30位~40位が多いので、数値分析はほぼできないですね。

ランキングされても滞在時間、平均CTRなどの数値はだいたい『0』です。

 

なのでまずは競合と比較して、仮説と検証の繰り返しをしましょう。

 

競合比較のイメージ

 

図のように単純ですが横並びがもっとも有効です。

 

具体的なリライト方法は失敗しないブログのリライト方法を6つの目標別に解説します!をご覧くださいね。

 

100記事書いても1記事すら50位以内に入らない時

100記事書いても1記事すら50位以内に入らない時

 

さるくん

100記事書いても50位以内にぜんぜん入らないですが。。

 

そんなときは記事の投稿を一旦ストップして、今までの記事を全リライトしましょう。

michi

 

その時におさえるべきポイントはたった1つです。

同じキーワードのトップ5を分析すること(完全パクリはダメですよ)

 

目からビームが出るくらい研究してください。

 

ポイントを挙げますね。

  • どのようなニーズを満たしているか?
  • ターゲットはピンポイントか?
  • 自分だけ分かりやすいと勘違いしていないか?
  • 記事の構成はどうなっているのか?
  • 記事の見出しはどうなっているか?
  • あなたのブログに足りない情報はないか?
  • あなたのブログの情報は正しいか?
  • あなたブログの情報は古くないか?
  • 記事の内部リンクは増やせないか?

 

上記をしっかり勉強してリライトしましょう。

 

じつは私自身がコレでした。でも研究しまくってリライトしたら順位もあがったので、あきらめないでくださいね。
michi

 

まとめ:ブログの順位は効率的に上げよう!

まとめ:ブログの順位は効率的に上げよう!

 

本記事をまとめます。

 

ブログの順位の調べ方は下記3つ。

  • グーグルアナリティクス
  • グーグルサーチコンソール
  • RankTracker

 

記事が50記事を超えたあたりであれば、RankTrackerを特におすすめします。

 

ブログ順位の改善方法は下記。

  • 50位以内に入るまでは記事を書きまくる
  • 50以内に入ったら分析してリライト

 

上記の流れが最も効率的ですね。

 

実際は記事をたくさん書く必要が有るのでなかなか大変なんですが、本記事のやり方で間違いなく効率的にブログの順位を上げられます。

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

今回は以上です。