ブログの記事構成を作るステップは8つ!役立つテンプレート2つ付き

 

本記事にピッタリな方

  • ちゃんとした記事構成を学んで、ユーザーに読まれるブログを作りたい!
  • 構成のテンプレートとかあるとありがたいな

 

さるくん

michiさん

ブログをぜんぜん読まれません。。

 

了解です!

バッチリ解決できる記事ですよ!

michi

 

本記事の内容

  • ブログの記事構成を作れる
  • ブログの文章構成ができる
  • テンプレートがある

 

本記事の結論から。

 

記事構成を作る順番は下記8ステップです。

  1. キーワード選定
  2. ターゲット設定
  3. 顕在ニーズを知る
  4. 潜在ニーズを知る
  5. 競合サイトを分析
  6. 読者が得られる最高の結果
  7. 記事構成をする
  8. 文章構成をする

 

チョット多いな。。と思われましたか?

 

たしかに手間になる部分はありますが、間違いなくあなたのブログがレベルアップします。

 

私は記事構成をすることで順位があがることはもちろん、検索上位が企業ばかりの記事でも

  • 平均CTR12%前後
  • 滞在時間2分ほど

のブログを書けるようになりました。

michiブログの検索パフォーマンス

『ヤフオク 営業所止め』というキーワードです

 

さらに執筆時間が4000字ほど書いても、3~4時間くらいになりましたよ!

 

本記事を読んだあとは、ブログの記事構成を作れるようになります。

 

初めは慣れなくて大変かもしれませんが、何度も読み返してくださいね。

 

構成のテンプレート画像付きです。
michi

 

すぐにブログの記事構成を作りたい方はこちらをクリックしてください。

 

記事構成はブログの命

記事構成はブログの命

 

いきなりおおげさですが、ブログの記事構成はそれくらい重要です。

 

書き方を一生懸命学ぶ前に、構成を真剣に考えましょう。

 

経験から言いますと、記事構成をおろそかにしたブログは3か月どころか半年経っても読まれません。

 

10位くらいなら可能かもしれませんが、1位はまずムリ。

※ちなみに10位では収益、PVはほぼ発生しません。

 

ぶっちゃけると記事構成を作るってめんどくさいんですよね。

 

なので初心者を卒業できた辺りの方はココの手を抜くんです。

  • 慣れてきてだんだん執筆スピードが速くなってきた
  • もっと早くブログを書きたい
  • ブログを分かってきたから記事構成はパパっとで良いかな

上記のように当時の私みたいな考え方はキケンです。

 

ちなみに私は100記事書いて、1記事も100位以内にすらランクインしませんでした。

 

上位を取れたのは考え方を改めて、真剣に記事構成をし始めてからです。

 

なのでブログの記事構成は絶対に手を抜かないでくださいね。

 

ブログの記事構成のメリットは5つ

ブログの記事構成のメリットは5つ

 

記事構成を作るメリットは下記5つです。

  1. ユーザーの悩みを正確にとらえられる
  2. スムーズに読んでもらえる構成を作れる
  3. 良い部分、ダメな部分を客観的に見られる
  4. データを蓄積して分析に使える
  5. 執筆時間の短縮につながる

 

特に私が考えるブログのキモは④の『分析』でして、記事構成書の作ることでデータ取りをできるのが大きいんです。

 

仮に記事構成書が無かったとすると、すべてが行き当たりばったりになってしまうので

  • 何が良かったのか
  • 何が間違っていたのか

が全く分からないんですよね。

 

アナリティクスやサーチコンソールでその都度見ればいいじゃんという方もいるでしょうが、記事構成書にまとめておいた方がやりやすいですよ。

 

なのでメリットが大きい記事構成書はぜひ作ってくださいね。

 

ブログの記事構成を作るステップは8つ

ブログの記事構成を作るステップは8つ

 

ブログの記事構成を作る順番は下記8ステップです。

  1. キーワード選定
  2. ターゲット設定
  3. 顕在ニーズを知る
  4. 潜在ニーズを知る
  5. 競合サイトを分析
  6. 読者が得られる最高の結果
  7. 記事構成をする
  8. 文章構成をする

 

完成図は下記のような設計書になります。

記事構成書完成図

※⑤、⑦、⑧は別シートです。

 

順番に説明いたしますね。

 

ステップ1:キーワード選定

キーワード選定

 

キーワードはブログの記事構成を作るうえで最重要ポイントです。

 

なぜならキーワード=読者の悩みだから。

 

ブログの目的は『読者の悩みを解決する』なので、キーワードが決まらないと先に進めませんよね。

 

例えば

ブログ 記事構成→『ブログの記事構成の仕方を知りたい』という悩み

ダイエット おすすめ 運動→『ダイエットできるおすすめの運動を知りたい』という悩み

 

こんな悩みを解決するためにブログを書くんです。

 

なのでまずはキーワードから決めますよ。

 

ただし自力で探すのは非効率すぎておすすめできません。

 

ツールを使って、誰も見ないブログを書いてしまう可能性を『0』にしましょう。

 

やり方は下記です。

 

流れで言うとラッコキーワードで大まかに選んで、キーワードプランナーでカッチリ決める感じです。

 

めちゃくちゃ簡単に使えますよ。

 

くわしくはブログキーワードの選び方!4つのコツで最適な記事を書こう!をご覧くださいね。

 

キーワードはブログの最重要ポイントなのでぜひ見てください。
michi

 

ステップ2:ターゲット設定

ターゲット設定

 

次に決めるのがターゲットです。

 

キーワードを深掘りし、誰に対して書く記事なのかを明確にします。

 

ステップ1を例にすると

 

キーワード『ダイエット おすすめ 運動』

ターゲット候補

  • 男性
  • 女性
  • 肥満度
  • 職業

 

例えば夜中仕事している人をターゲットにしているのに

『運動は早朝がおすすめです!』

はおかしいですよね。『寝てるよ!』って話です。

 

なのでターゲットもキーワードと同じくらい重要。

 

ちなみにターゲットとしておすすめなのは【過去の自分】ですね。

 

実際にどんな悩みでどのように解決したのか体験しているから。

 

自分と同じ悩みを持っている方はいくらでもいるので、それだけで十分な内容の記事になります。

 

くわしくは【読者の心に刺さる】ブログターゲットの決め方2つを徹底解説!で説明しています。

 

過去の自分以外をターゲットにする方法も分かりますよ。
michi

 

ステップ3:顕在ニーズを知る

顕在ニーズを知る

 

ターゲット設定が終わったら、実際にどんなことで悩んでいるのか調べましょう。

 

別の言い方で『顕在ニーズ』を知るです。

 

悩みを明確にすると、解決する記事を書きやすくなります。

 

例えば【ダイエット おすすめ 運動】で検索した人は、どんなことで悩んでいるのでしょうか。

  • どんな種類の運動がおすすめ?
  • いつやるのが良いの?
  • 具体的にどれくらい運動すれば良いの?
  • 必要な道具はある?

などありますよね。

 

まずはこの顕在ニーズを解決してあげましょう。

 

もしイメージできない場合はYahoo!知恵袋教えて!Gooで調べると良いですね。

 

最近ではツイッターも有効です。

  1. キーワードを検索し、どんな悩みで呟いているのか確認。
  2. その悩みを解決する記事を書く

上記なら呟いた人は見たいと思いますよね。

 

真剣に悩んでいる人たちの生の声が聞こえるので、きちんと解決できれば読まれるブログにグッと近づきます。

 

まずは顕在ニーズですよ。

 

画像のようにかんたんな解決策も書くとなおグッドです。
michi

 

ステップ4:潜在ニーズを知る

潜在ニーズを知る

 

次は潜在ニーズです。

 

【潜在ニーズ】とは読者本人すら気づいていなかったけど、本質的に欲しい情報です。

 

例えると

  • 顕在ニーズ→知りたいこと
  • 潜在ニーズ→心の奥底にある欲求

 

潜在ニーズを解決できるブログは『なんて細かいところに手が届くんだ』と思われて、めちゃくちゃ評価されますよ。

 

掘り起こし方としては『なぜ』を繰り返すのがおすすめです。

 

【ダイエット おすすめ 運動】とすると

Q1.あなたはダイエットでおすすめの運動を知りたいのですか?

A1.スリムになりたいからです。

Q2.なぜスリムになりたいのですか?

A2.見た目が綺麗になりたいからです。

Q3.なぜ見た目が綺麗になりたいのですか?

A3.モテたいからです。

みたいな感じですね。

 

ちなみに潜在ニーズは人の性格や環境などによって内容が変わるので、ターゲットの設定が大事です。

 

例えば『モテたい』という人もいれば、『とことん健康志向』の人もいます。

モテたい読者に、寿命についての話を延々としても意味ないですよね。

 

あなたが悩みを解決したいターゲットを明確にして、潜在ニーズを掘り起こしてください。

 

ステップ5:競合サイトをチェック

競合チェック

 

ステップ5は競合サイトのチェックです。

 

具体的な内容は

  • 記事のタイトル
  • 記事のURL
  • この記事の結論
  • 顕在ニーズと解決法①~④
  • 潜在ニーズの解決法
  • この記事の不足事項
  • 目次

 

最低でも検索上位3サイト、できれば5位まで調べましょう。

 

競合チェックのメリットは下記です。

  • 読者の悩みを解決している構成が分かる
  • どのような言い方をしているのか分かる
  • あなたに足りないものが分かる
  • 逆に競合の足りないものも分かる
  • タイトル、メタディスクリプションを研究できる
  • 内部リンクのやり方が分かる
  • マネタイズ方法が分かる

 

もうありすぎるくらいですよ。

 

まさにこれからあなたが書こうとしているブログのお手本です。

 

ちなみに競合チェックに関しては持論がありまして

ブログの継続が苦痛な初心者の方→70%くらいでOK

50記事、100記事書いても読まれない方→時間を使うべき

 

上記のようにブログに慣れていない方は、まず継続を優先していただいてOKです。

 

競合チェックは時間がかかるので、イヤになるならやらないほうがいいくらい。

 

でも50記事、100記事過ぎても全然読まれてない方は、ココに全力を注いでください。

 

あなたが天才でない限り、競合チェックをおろそかにしたブログは1位を取れません。

 

スミからスミまで読みつくすこと。

1記事30分、5記事で2時間以上かけてもぜんぜんオッケーです。

 

競合チェックのイメージ

 

こんな感じで横並びがもっともおすすめです。

 

私は競合チェックを真剣にやり始めてからブログの順位が上がりました。

 

完全パクリはもちろんアウトですが、競合の記事構成はしっかりチェックしましょう。

 

ステップ6:解決したい悩み、読者が得られる最高の結果

解決したい悩み、読者が得られる最高の結果

 

次は解決したい悩み、読者が得られる最高の結果ですね。

 

なんでわざわざ別に残すのかというと、ブログの書き出し文に使うからです。

 

ちなみに下記でオッケー。

  • 解決したい悩み→顕在ニーズから選出
  • 読者が得られる最高の結果→潜在ニーズから選出

 

長すぎると書き出し文で離脱される可能性があるので、もっとも読者に伝わる項目を厳選しましょう。

 

書き出し文はブログの書き出し文はこう書く!6つのコツとテンプレート紹介!をどうぞ。

 

ステップ7:記事構成をする

悩みの大枠が決まったので、じっさいに記事構成していきましょう。

 

重要ポイントは下記です。

  • 読者の悩みをスムーズに解決できる構成

 

具体的な全体の構成は下記の順がベスト。

ブログ全体の記事構成

※タイトル、目次、メタディスクリプションについては後述します。

 

まずは下記の3ポイントから構成しましょう。

  1. 書き出し文(リード文)
  2. 本文
  3. まとめの文

 

ちなみに通常は1→2→3の順番で構成しますが、どうしてもうまく行かない場合は

2→3→1

の順を試してください。

 

私は慣れるまで本文→まとめ文→書き出し文でした。
michi

 

1.書き出し文

ブログのトップは書き出し文です。

書き出し文はリード文とも呼ばれ、ブログの80%はココで決まると言われるくらい重要。

 

なぜなら読者が読み進めるかどうかは、書き出し文で決めるからです。

 

あなたも見る側の立場なら、たどり着いたページがゴチャゴチャしてたらすぐに違うサイトに行きますよね。

 

逆に書き出し文が分かりやすいと、どんどん先を見たくなるはず。

 

どんなに本文が良くても、書き出し文でコケたら読まれません。

 

なので書き出し文がブログ構成のトップになるんです。

 

書き方はブログの書き出しテンプレートを2パターンご紹介!6つのコツがキモをご覧ください。

 

2.本文

書き出し文が終わったら、読者の悩みを具体的に解決する『本文』ですね。

 

ポイントは5つです。

  • 見出しを作る
  • 見出しにキーワードを入れる
  • 前半に基礎知識を伝える
  • 1つの見出しで伝えることは1つ
  • 見出しの階層を正しく使用

 

ちなみに完成図は下記になります。

本文の見出し

 

私は毎回このように設計書を作ってから執筆しています。

 

それでは個別に見ていきますね。

 

見出しを作る

本文には見出しを必ず作りましょう。

 

解決したい悩みが複数あるのに、見出しゼロだとめちゃくちゃ見づらい記事になります。

 

悩みごとに見出しを作るのがおすすめですね。

 

例えば『ダイエット おすすめ 運動』の悩みが

  • どんな種類の運動がおすすめ?
  • いつやるのが良いの?
  • 具体的にどれくらい運動すれば良いの?
  • 必要な道具はある?

なので

 

  • 見出し(1)【実体験】筆者がおすすめするダイエット運動は4つ
  • 見出し(2)ダイエットをするおすすめの時間帯はたった1つ
  • 見出し(3)ダイエットの運動時間じつは30分でOK
  • 見出し(4)コレだけは必要!ダイエットを効果的にするアイテム3選

みたいな感じの見出しになりますね。

 

まずは読者がスムーズに読める見出しを作りましょう。

 

見出しにキーワードを入れる

見出しにはキーワードを入れてくださいね。

 

SEO対策上必要だからです。

H1はキーワードを必ず入れる※WordPressはタイトルがH1。

H2は基本的に全部入れる。※文が不自然になるなら入れなくてもOK。

H3以下は記事に対して1つか2つくらいあれば十分。無くてもOK。

 

上記の頻度で見出しにキーワードを入れてくださいね。

 

前半に基礎知識を伝える

本文の前半に基礎知識を伝えましょう。

 

なぜなら基礎知識を知らないと、読者がスムーズに内容を理解できないから。

 

あなたが知っていても、読者は何にも知らないものと考えてくださいね。

 

基本的な見出しの付け方は

  • ~~とは
  • ~~の基礎知識を理解
  • ~~【前提】
  • なぜ~~は必要なのか?
  • そもそも~~なのか?

上記のような感じでOKです。

 

本当に誰でも知っている事なら書かなくてもOKですが、通常は本文の前半に基礎知識を入れてくださいね。

 

1つの見出しで伝えることは1つ

見出し1つで伝えることは1つにしてくださいね。

 

1つの見出しで2つ以上にすると内容がブレてしまうので、読者が理解しづらくなりますよ。

 

例えば

ウォーキングとジョギングが特におすすめです。

なぜならウォーキングはほとんど疲れが無い割に有酸素運動効果が高いからです。

実際のデータが下記です。

なのでウォーキングはおすすめです。

 

ちなみにジョギングもおすすめでして

なぜなら有酸素運動効果が高く効率的だから。

こちらがジョギングのデータです。

特に必要な物もないのもグッドですね。

なのでジョギングもおすすめです。

 

どうでしょうか?

初めのウォーキングの内容はほとんど頭に残らないですよね。

 

なので見出し1つで伝えることは1つがベストです。

 

複数ある場合は

H3、H4見出しを使う

 

上記のようにH3、H4を使って見出しを分けると良いですね。

 

見出しの階層を正しく使用

見出しの階層は正しく使いましょう。

 

SEOの差がでます。

 

具体的には下記。

OK例

h2→h3→h4 〇

h2→h3→h3→h4 〇

h2→h3→h4→h3→h4→h4 〇

h2→h3→h4→h2(別カテゴリ)→h3 〇

NG例

h2→h4→h3 ✖

 

見出しがh2に戻るのは別カテゴリに進む時でして、『同じカテゴリ』なのに数字が飛んだらアウトです。

 

3.まとめの文

ラストはまとめの文です。

 

まとめの文を書く理由はたった1つです。

  • マネタイズ

 

つまりいかにして収益にするのかを考えましょう。

 

具体的なポイントは下記です。

  • 行数は10行から15行くらいにまとめる
  • 本当に伝えたいことのみを書く
  • 商品購入、もしくは収益性の高い記事に誘導する

 

ちなみに収益性の高い記事に直接誘導できなくて

  • 今書いている記事→記事2→収益記事

みたいな感じでもOKです。

 

初めのうちはよく分からないと思うので、競合サイトのマネタイズ方法を確認してみましょう。

 

ツイッターなどのSNS登録に誘導するのもおすすめです。
michi

 

ステップ8:文章構成をする

ラストは文章構成です。

 

今までに決めた記事構成で文章の大枠を決めますよ。

 

ちなみに完成図はコチラ。

ブログの文章構成書

 

やり方は下記のPREP法がおすすめです。

 

P(結論)

R(理由)

E(具体例)

P(再び結論)

上記はビジネスの世界でプレゼンテーションの型として使われていますが、ブログでもそのまま使えますよ。

 

それでは見出しから文章を作りましょう。

キーワード

ダイエット おすすめ 運動

見出し

  • 【実体験】筆者がおすすめするダイエット運動は4つ
  • ダイエットをするおすすめの時間帯はたった1つ
  • 【ダイエットの運動時間】実は30分でOK!
  • コレだけは必要!ダイエットを効果的にするアイテム3選

 

上記をPREP法で構成していきますよ。

 

見出し① 【実体験】筆者がおすすめするダイエット運動は4つ

P(結論) ウォーキング、ジョギング、自転車、水泳がおすすめ。

R(理由) 有酸素運動効果があるから。

E(具体例) 実際の科学的データを使う(ググればいくらでもあります)

P(再び結論) よって上記4つがおすすめです。

 

見出し② ダイエットをするおすすめの時間帯はたった1つ

P(結論) 朝がいちばんおすすめ。

R(理由) 習慣化しやすい、誰にも邪魔されない、疲れが取れている。

E(具体例) 実際に筆者の体験談を使う。

P(再び結論) なので朝がおすすめ。

 

見出し③ 【ダイエットの運動時間】実は30分でOK!

P(結論) 時間は1日30分でOK。

R(理由) 20分で有酸素運動効果は出るし、長すぎると翌日まで疲れが残ってしまうから。

E(具体例) データと体験談を載せる。

P(再び結論) よって1日30分でOK。

 

見出し④ コレだけは必要!ダイエットを効果的にするアイテム3選

P(結論) 体組成計、レコーディングダイエット、ミキサーが効果的。

R(理由) それぞれ説明。

E(具体例) 価格、筆者の体験談を使う。

P(再び結論) なので上記3つは揃えてください。

 

上記のようにPREP法で文章を構成すると、分かりやすい文を書けるようになりますよ。

 

日記にならないように注意

ブログの文章構成での注意点ですが、日記にならないように気を付けましょう。

 

前述しましたように読者は悩みを解決するために、あなたのブログを見に来るからです。

 

日記では悩みを解決できないので誰も見ないですよ。

 

じゃあ日記は全部ダメなの?というお話ですが実はそんなことはないんですね。

というかめちゃくちゃ大事。

 

日記が使えるポイントはPREP法のE(具体例)の部分です。

P(結論)

R(理由)

E(具体例)※ここで日記が使える

P(再び結論)

 

具体例は読者の悩みを解決するうえで、説得力の塊。

 

ただし日記のままだと長すぎてダレるので『体験談』として簡潔にまとめましょう。

 

タイトルとメタディスクリプションについて

タイトルとメタディスクリプションの構成

 

タイトルとメタディスクリプションは記事構成時点で作ったほうがおすすめです。

 

なぜなら先に決まっていた方が記事内容がブレないから。

 

実は私以前は後派だったんですが、それは記事構成を中途半端に作っていたからでした。

 

構成がいいかげんだと、何を伝えたいのか自分でも分かっていないので、タイトル等書けないんですよね。

 

断言しますがきちんと構成書を作れば、タイトルとメタディスクリプションは先に書けます。

 

もし『ちょっと足りないな』と思ったら公開前に修正すればOKですし。

 

なので今のおすすめは『タイトルとメタディスクリプション』は先に作るです。

 

具体的な作り方は下記をどうぞ。

関連記事
ブログタイトルの付け方をご紹介!PVが増える9つのコツとは?
関連記事
meta descriptionの文字数と書く為の7つのコツとは

 

目次について

本文の前に目次を設定するのが基本ですが、間延びするのがイヤな方は無しでもOKです。

 

ちなみにプラグインが1番かんたんですよ。

 

くわしくはWordPressで目次を作るプラグインを1つ専業ブロガーが紹介で設定できます。

 

見直しの項目を作る

見直しの項目を作る

 

記事構成書内に見直しの項目を必ず作りましょう。

 

なぜなら読者にきちんとした記事を読んでもらうためです。

  • 誤字脱字
  • 書き出し文とまとめの整合性
  • 言い回しのチェック
  • ひらがな、カタカナ、漢字のバランス

 

など完璧にできたと思っていても、見直すと意外と間違いだらけですよ。

 

あなたも経験があると思いますが、たった1文字違っただけでも見づらいし、誤字ばかり気になって悩みを解決するどころでは無くなりますよね。

 

そんな記事は信用されないですし、じっさいに滞在時間も増えません。

 

見直しはホント大事なので、必ず構成書の項目に入れましょう。

 

具体的な方法は下記をご覧ください。

関連記事
ブログの見直しを甘く見ないこと!具体的なポイント8つを専業が解説
文章の見直しはブログでも重要!15のコツを現役ブロガーが解説!

 

ちなみに当日は頭をフルに使って疲れているので、見直しは次の日にやるのがおススメです。
michi

 

まとめ:読者が悩みをスムーズに解決できる記事構成を作りましょう!

読者がスムーズに悩みを解決できる記事構成を作りましょう!

 

本記事をまとめます。

 

ブログの記事構成を作る目的は、読者の悩みをスムーズに解決することです。

 

記事構成書を作る順番は下記の8ステップ。

  1. キーワード選定
  2. ターゲット設定
  3. 顕在ニーズを知る
  4. 潜在ニーズを知る
  5. 競合サイトを分析
  6. 読者が得られる最高の結果
  7. 記事構成をする
  8. 文章構成をする

 

いきなり完璧に仕上げるのは難しいですが、コツコツやっていただければきっとブログの順位も上がってきますよ。

 

まずは本記事を読みながら、1つ記事構成を作ってみましょう!

記事構成書のテンプレート

文章構成書のテンプレート

 

使い方

  1. 開いたらCtrl+Aで全選択してコピーする。
  2. Googleスプレッドシートを開く。
  3. 『編集』→『特殊貼り付け』→『数式のみを貼り付け』をクリックする。

以上で文字だけ貼り付けられるので、罫線やサイズ調整をお願いします。

 

やりづらいのでもうちょっと良い方法が見つかったら更新しますね。
michi

-ブログの書き方が分からない

© 2021 michiブログ