ヒートマップ

アテンションヒートマップの使い方を具体例つきでブロガーが解説!

 

悩んでいる人

  • アテンションヒートマップってなに?この機能を使ってどう分析したらいいのか具体的に知りたい。

 

こんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • アテンションヒートマップとは
  • アテンションヒートマップの具体的な使い方

 

今回はヒートマップの機能の1つ『アテンションヒートマップ』の具体的な使い方を深堀りいたします。

 

ヒートマップの機能の中でもっともオーソドックスなのがこのアテンションヒートマップです。

 

ただしオーソドックスとは言っても馴染みのないユーザーさんはチンプンカンプンだと思います。

 

まずは使い方をしっかり覚えてあなたの分析に役立てていきましょう。

 

本記事を読んだ後はアテンションヒートマップを理解でき、的確な分析であなたのブログのPVや収益を上げられるようになりますよ!

 

アテンションヒートマップをおさえれば、ヒートマップツールをグッと身近にできます。
michi

 

 

そもそもヒートマップとは

そもそもヒートマップとは

 

ヒートマップとはウェブサイトの分析ツールのひとつでして、主に下記のようなことができます。

 

ヒートマップとは

  • ユーザーがページのどこをよく見ているのかが分かる
  • ユーザーがクリックしている箇所が分かる
  • ユーザーがどこまで読んだのかが分かる

 

滞在時間などの数値だけであればグーグルアナリティクスで十分ですが、その情報だけで的確に分析できるでしょうか?

 

アナリティクスのイメージ

 

このような事になるはずです。

 

 

しかしヒートマップは目で見てピンポイントで分かるので、分析や修正が容易にできるようになります。

 

ヒートマップのイメージ

 

このようにデータを可視化できるので、数値とかニガテな初心者でもかんたんに使えるツールです。

 

 

アテンションヒートマップとは

アテンションヒートマップとは

 

その中でアテンションヒートマップとはユーザーがどこを注目しているのかが分かる機能です。

 

あまり見ていない箇所

あまり見ていない箇所

 

めちゃくちゃ注目されている箇所

めちゃくちゃ注目されている箇所

 

このように色の違いですぐに分かります。

 

アテンションヒートマップのメリットは下記です。

  • 注目している箇所が分かるので、近くにアドセンスなどの広告を置くと効果が高い
  • 注目していない箇所も分かるので、なぜなのかを考えるきっかけになる

 

これらは数字だけの分析では絶対に分からないことです。

 

アテンションヒートマップ機能はヒートマップツールの中でも特に基本の部分なので、このあと具体的に使い方を説明いたしますね。

 

 

アテンションヒートマップの具体的な使い方

アテンションヒートマップの具体的な使い方

 

アテンションヒートマップの具体的な使い方は下記です。

 

  • 注目している箇所
  • 注目していない箇所

 

順に見ていきましょう。

 

 

注目している箇所

注目している箇所では下記のような対策が取れます。

 

  1. 広告を設置
  2. 内部リンクを設置
  3. ユーザーが注目している理由を把握して他に活かす

 

細かく見ていきますね。

 

 

広告を設置

注目されている箇所には広告、特にアドセンス広告の設置が有効です。

 

なぜなら目が留まっている場所なので広告を見られる可能性が高いからです。

 

私の分析によると下記3つがアテンションヒートマップの色が濃いポイントです。

  • 記事の内容を端的に紹介している箇所
  • テーブル、リストを使った情報の密度が高い箇所
  • 読者のニーズをとらえている箇所

 

このようなポイントの付近に広告の設置をおすすめします。

 

特にアドセンス広告ならばユーザーに最適なものが自動で設置されるのでクリックされやすいです。

 

なのでアドセンスを使っているブロガーさんとアテンションヒートマップの相性はとても良いですね。

 

 

ちなみに私の分析では『目次』はほとんど読まれていないので、下記のような記事内容を端的に紹介している箇所を作ったほうが良いです。

記事内容を端的に紹介している箇所

 

このようなポイントはどの記事を見ても注目されていることが分かります。

 

 

内部リンクを設置

アドセンス広告とおなじくらい有効なのが内部リンクの設置です。

 

なぜなら『注目されている場所=気づいてもらいやすいから』ですね。

 

内部リンクを設置

 

ちなみに内部リンクで意識したいのは収益につながるような記事への誘導です。

 

もちろんサイト構成の都合があるので例えば

記事A→記事B→収益記事

のような感じで別記事を間に挟んでもオッケーです。

 

ただしあまりに関連性がないものはNGなので、強引に収益記事につなげようとはしないでください。

 

 

ユーザーが注目している理由を把握して生かす

ユーザーが注目している理由を把握して生かすという手法もアリです。

 

特にポイントなのが注目されている箇所をすべて洗い出して共通点を見つけることです。

 

注目されている箇所はユーザーのニーズをとらえている可能性が高いので、深堀りすることができます。

  1. 注目されている箇所の共通点を探す
  2. 注目されている箇所=ユーザーのニーズを捉えている
  3. ニーズに対する情報を増やすなど

 

例えば

『商品の性能部分の箇所が注目されている→もっと詳しく情報を提供する』

みたいな感じですね。

 

このように目で見てポイントを把握することで、よりユーザーの心に沿った分析ができるようになります。

 

 

注目していない箇所

次は反対に注目されていない箇所ですね。

 

原因としては下記のようなものが考えられます。

キーワードと関連性がない

読者のニーズとずれている

執筆者の日記になってしまっているなど

 

ひとことで言えばユーザーの興味がないということですね。

 

ただしつなぎとしては必要だし、そもそもすべての箇所が注目されることはありえません。

 

対策は下記を実行しましょう。

  1. そもそも本当にその部分が必要なのかを考える
  2. 必要であればなぜ読まれないのかを考える
  3. 必要なければ削除

 

具体的な対策方法は失敗しないブログのリライト方法を6つの目標別に解説します!で解説しています。

 

 

ちなみに必要であるとはユーザーにとって必要という意味です。

 

何としても稼ぎたくて強引にアフィリエイト広告を配置するやり方とかはNGです。

 

あなたの収益のために必要とかは関係ないですからね。

 

 

おすすめヒートマップツール

おすすめヒートマップツール

 

アテンションヒートマップの使い方が分かっていただけましたでしょうか?

 

ちなみにですが本記事の画像はわたしが使っているヒートマップツール『QA Heatmap Analytics』のものです。

 

本ツールはWordPress用のプラグインなので導入も簡単。

 

海外製が多いヒートマップですが、QAは日本企業が作っているのでポイントが高いですよ!

 

無料でも使えるのでぜひ【PV1.5倍】QA Heatmap Analyticsの使い方をご覧くださいね。

 

 

まとめ:アテンションヒートマップで分析をワンランクアップさせよう!

アテンションヒートマップで分析をワンランクアップさせよう!

 

本記事をまとめます。

 

今回はヒートマップの機能の中でも基本中の基本『アテンションヒートマップ』について具体的な使い方を解説しました。

 

 

注目されている箇所への対策

  1. 広告を設置
  2. 内部リンクを設置
  3. ユーザーが注目している理由を把握して他に活かす

 

注目されていない箇所への対策

  1. そもそも本当にその部分が必要なのかを考える
  2. 必要であればなぜ読まれないのかを考える
  3. 必要なければ削除

 

このようにユーザーがどこを注目しているのかが可視化されるので、広告や内部リンク等を貼るポイントがバッチリ分かりますよ!

 

ヒートマップは数値だけでない人の心が分かるツールです。まずは本機能『アテンションヒートマップを』を使ってあなたのブログ運営に役立ててくださいね!

 

今回は以上です。